春の里山 竜王山      2018.04.10
ホームページ 里山倶楽部四国 
春の花咲き誇る 竜王山 -



朝六時前に起きて杉王神社へ。



杉王神社の狛犬は筋肉隆々で迫力がある。



山道に入るとセトウチウンゼンツツジが咲き誇っている。



今年は当たり年かな?

今まで見たことがないほど一面に咲いている。



ミツバツツジもちょうど見頃。



ヤマフジが咲き始めている。

アケビの花もビッシリ。



寂れた山里だが、畑に桜が植樹されている。

まだまだお住まいの方はお元気のようだ。



カキドウシが咲いていた。

ドウダンツツジも咲き始めている。



おばあちゃんちの牡丹桜と可愛い花達。

おばあちゃんの姿は見えなくなったけれど、おばあちゃんが嫁入りしてきた時植えたという桜は元気に咲いていますよ。



シャガの花もまだ元気。



三条神社の前にはハナズオウが見事に咲いている。



大きな砂岩が置かれている処には今年もフデリンドウが咲き誇っている。



淡いブルーの小さなフデリンドウは家内が大好きな花。

今年も沢山咲いてよかった。



ヤマザクラがまだ咲き残っている。

新緑が綺麗だ。



モミジの若葉とヤマザクラ



山里では春キャベツを植える準備が進んでいる。



大きな掘削機は地質調査中。



群生している白いスミレはニョイスミレだろうか?

少し花が大きい気もするが。



横畑村落には社が多い。

今年はじめてのユキモチソウ。



山道に入ると、テイショウソウやヤマジノホトトギスの葉が出始めている。



ヤブレガサが大きくなってきている。

此処にも小さなユキモチソウ。



斜面にはヤマシャクヤクが咲き誇っている。



今丁度花の盛りのようだ。



まだ蕾もあるのでこの週末には楽しむことができそうだ。



アカネスミレが咲き誇っている。



竜王峠から一等三角点のピークへ上がる。



アケボノスミレが咲き始めている。

花が大きくて柔らかなピンクのアケボノツツジは艶やかに見える。



引き返して竜王山に向かうとアケボノスミレが沢山咲いている。

しかし、日陰ではピンクが今ひとつ冴えない。



ヒゴスミレはもう時期が終わったのか咲いている花は少ない。

タチツボスミレは益々元気だ。



ほんのりピンクのスミレはヒナスミレ。

葉の基部が心型なのが特徴。

距は薄いピンクで長く先が丸い。

スミレのプリンセスと言われるほど可愛い。



此の山にはアカネスミレと共に、よく似たオカスミレも咲く。

距や萼片に毛がないのが見分けるポイントだとか。

とすればこの花はオカスミレかも。



急坂を登って阿波竜王山に着く。



ダケカンバに若葉が出て花が咲いている。



讃岐竜王山に向かうとヤブレガサが開いている。

壊れかけた階段を一直線に登って行く。



讃岐竜王山頂上で昼食。



食後、花を楽しみながら変えることにする。

ツクバネソウが顔を出しているが、まだ花目は出ていない。

ツルシキミは花の盛り。



ニリンソウが可愛く咲いている。

白いスミレは良くわからない。

マルバスミレのようにも見えるが。



ドウダンツツジの若葉も綺麗だ。



割れ地蔵から朝木原に向かう。

ホウチャクソウが沢山顔を出している。



葉の丸いのもホウチャクソウだろうか。



古い栗園まで降りてきた。



マムシグサが咲き始めている。



此処にも小さな小さなフデリンドウが。



ヤブツバキの落花が綺麗だ。

嘉永五年のお地蔵さんにお参り。

嘉永五年といえば明治天皇が生まれた年。

ペリーが浦賀にやってきた前年だ。



名前のわからない白い花が今年も咲いている。



ミズキに蕾が出来ている。

早いなあ。



若葉を楽しみながら車道を下る。



ヤマフジの蕾はグロテスク。



道端にはノジスミレやタンポポが咲き誇っている。



石仏に御参りしながら歩くのも楽しい。



ヤマザクラもまだ少し咲き残っている。

タップリ歩いて杉王神社着。

長閑な春の日を楽しみながら楽しく歩くことができた。

これから暫くは色々な花が咲いて山歩きが楽しくなる。

この週末は晴れが続くようなので楽しみだ。



今日出会えた花。



春の日に輝くピンクの絨毯に圧倒される。



見つめていると幸せな気持ちが溢れてくるようだ。

樹木が切り払われて日が差すようになったので、一気に咲き広がったようだ。

皆に愛されて益々元気に咲いて欲しいと思う。

最近は大規模林道建設や電力風車建設で、気が狂いそうな自然破壊が起こっている。

それだけに、今元気に綺麗な花を咲かせてくれている山野草を、目一杯愛して大事にしたいと思う。

明日には、其の場所全面が掘り起こされたり、コンクリートで固められるかもしれないのだから。

出来ればそういう事がないことを願うばかりだ。


 


↑ クリック
ホームページにも是非お立ち寄りください